お役立ち☆封筒の封入代行サービス

HOME > 封筒の封入代行サービスについて > 封筒のDM発送代行のメリットと業者選考のポイント

封筒のDM発送代行のメリットと業者選考のポイント

DM発送代行を活用するメリットは、複数あります。
まず、業務を能率化できるメリットがあります。
発送に対して不慣れであるとか、あるいは多く送らなければならない場合、データーの抽出、あるいは 封筒の封入、封緘に時間がかかることが危惧されます。
このことにより通常の会社の業務に悪影響が出るだけでなく、 作業のケアレスミスが生まれてクレームに つながってしまうおそれがあります。
一方で、発送代行業者に関してはDM発送のスペシャリストといえます。
能率が非常に良いためかなりの時短ができ、その分だけ自分の会社の社員は本来のビジネスに集中できます。
さらに、コストカットができるメリットがあります。
発送代行を使用しない理由として、 外注費が挙げられるでしょう。
しかしながら、たとえ自分の会社で対応することを通じて外注費をカットできても人件費がかさみ、その分だけ残業代が増えるでしょう。


メリットとしまして、作業のための空きスペースが発生しないことも挙げられます。
紙媒体のDMを送り届ける場合、欠かすことができないのが作業のための空きスペースといえます。
封筒、あるいはリーフレットを置く場所が求められるのはもちろんのこと、 作業する際には宛名ラベルそれから、糊そして、宅配業者の伝票といった資材についても 多量に準備しないとなりません。
それに加えて作業のための空きスペース周辺において人の出入り自体が激しかったり、或いは 作業する従業員がつなぎのアルバイトだったりするケースでは 紛失にも十分気をつける必要があります。
そういったところ、封入、封緘を外注先にお願いすれば 作業のための空きスペースが必要なく、 資材などを失くす心配もないです。


業者選考では重要なポイントがあります。
まず信用できる業者であることです。
プライバシーの情報を取り扱う発送代行サービスにあたって、 クライアントに関する情報の流出はひときわ注意を払うべき項目といえます。
しかしながら、データーを渡した後のタスクは 、把握できないことから、実際的な対策を 取ることは簡単ではないでしょう。
それを受けて、データー数値を譲り渡す前に信頼することができる会社かを 見定めることが不可欠です。
見定めるポイントとしまして、 会社がPマークを取っているか、実務担当者がプライバシーの情報の扱いに関する資格の持ち主であるか などがあります。
また、スピード感がある業者を選定しましょう。
発送の予定日の前までDM制作を行なっていた場合、 いかに封入、封緘のための必要な作業を短縮可能なのかがキーポイントになります。
多量のDM発送を行っている経験豊富な会社であれば、 円滑に進行できるでしょう。

次の記事へ

PAGE TOP