お役立ち☆封筒の封入代行サービス

HOME > 封筒の封入代行サービスについて > 封筒への封入の代行業者と2つのメリット

封筒への封入の代行業者と2つのメリット

会社の売り上げ数字を伸ばしたい時には、ダイレクトメールという方法があります。
既存客に対して紙媒体の広告を送付し、商品を宣伝している企業も多いです。
ただしダイレクトメールを送付するなら、封筒への封入作業も行う必要があります。
顧客の人数が多いと、その作業は大変です。
数十人程度なら、それほど時間はかかりません。
しかし1000人ぐらいになると、封入するのかなり時間がかかります。
1つ封入するのに2分ぐらいだとすると、もちろん1000人なら2000分かかってしまう訳です。
実に34時間ぐらいかかってしまいますから、膨大な時間を取られてしまう事は間違いありません。
作業に慣れていなければ、もっと時間がかかります。
ですから多くの企業は、代行業者への依頼を検討しています。
たとえ費用がかかっても、依頼している方々は多いです。


代行業者に依頼する時の料金は、数万円ぐらいかかる事も多いです。
現にある業者の場合は、1通につき85円ぐらいに料金設定しています。
1000人に対してダイレクトメールを送付するなら、だいたい85000円ぐらいになる訳です。
それぐらいの費用がかかっても、代行業者に依頼している法人は多いです。
そもそも会社の作業内容は、色々あります。
顧客対応や会計処理など、他にも色々やる事があります。
封入作業だけではありません。
封入する作業に33時間も取られてしまうと、機会損失になってしまいます。
その33時間を顧客対応に充当する方が、会社の生産性が良くなる事も多いです。
その点業者に代行してもらえば、33時間もの時間を取られてしまう事はありません。
時間を節約する為に、業者に依頼している企業は多いです。


また業者に代行してもらう方が、かえって時間を短縮できるケースも多いです。
というのも封入を代行している業者は、毎日その作業を行っているからです。
自社で封入すると33時間以上かかってしまう作業でも、代行業者なら短時間で完了してくれるケースもよくあります。
そもそもダイレクトメールで販促活動する際には、急いでいる事も多いです。
早く売り上げ数字を伸ばしたいので、ダイレクトメールを送る事もよくあります。
急いでいるのに、封入に時間がかかるのは困ります。
しかし専門業者に代行してもらえば、短時間で作業が完了する訳です。
急いでいる時には、かえって業者に代行してもらう方が効率的な事も多いです。
つまり代行サービスには、「時間の節約」と「スピーディーな作業」という2つのメリットがあります。

次の記事へ

PAGE TOP