お役立ち☆封筒の封入代行サービス

HOME > 封筒の封入代行サービスについて > 封筒への封入の代行業者による数字集計とアドバイスのサービス

封筒への封入の代行業者による数字集計とアドバイスのサービス

ダイレクトメールで販促活動をする場合、代行業者が活用される事も多いです。
ダイレクトメールを送るなら、大量の郵便物を封筒に入れなければなりません。
郵便物の数が多いと、封入作業はかなり時間がかかります。
その点代行業者なら、全体的に作業はスピーディーです。
ですから代行業者を活用している企業も多いです。
ところでダイレクトメールを送付する時に、効果が気になってしまう場合があります。
郵便物で販促活動するのは良いですが、果たしてそれで売上数字が伸びるかどうかを気にしている企業も多いです。
郵便物を送ってみても、肝心の反響が来なければ、かえって赤字になってしまう可能性もあります。
また販促効果があまり芳しくない時の改善策に関して、悩んでしまうケースもあります。
どうすれば数字が好転するか、悩んでいる企業も多いです。


ところで代行業者によっては、その販促効果に関するサポートを行っている事があります。
例えば反響に関する集計です。
郵便物を送ってみた結果、どのような反響だったかを教えてくれる代行業者もあります。
1000通送付してみた結果、10件ほど反響があった時は、反響率は1%という事になります。
その客観的な数字を集計してくれる代行業者も多いです。
そもそも客観的な数字を計測するのは、手間がかかります。
数字を集計するのに慣れていなければ、正確なデーターを把握できない事もあります。
しかし封入の専門業者によっては、その数字の集計も代行してくれる訳です。
手間のかかる事を代行してくれるので、集計を任せている企業も多いです。
それだけでなく、改善点に関するアドバイスのメリットもあります。


客観的な数字を把握すると、様々な問題点が見えてくる事もあります。
上述のような1%という反響率ではなく、3%や4%ぐらいに引き上げたいというニーズも多いです。
問題は、その具体的な方法です。
どうすれば3%や4%ぐらいにまで高められるのか、具体的な方法が分からずに困っている企業も多いです。
ところで上述の代行業者によっては、その改善点に関するアドバイスをしてくれる事があります。
例えば封入されている広告のキャッチフレーズに問題点があるなら、それを指摘してくれるケースがあります。
その他にも、タイミングに関してアドバイスしてくれる事もあります。
自社だけでダイレクトメールを送付していると、なかなか問題点に気がつかない事もあります。
しかし代行業者に任せると、客観的なアドバイスを受けられますから、サービスを活用している企業も多いです。

PAGE TOP